ケノンと脱毛ラボを比較!脱毛器のおすすめ効果

家庭用脱毛器で一番人気のケノン(ke-non)。
楽天など口コミ・レビューも多く、どのブログを見ても評価が高いです。
でもやっぱり気になるのが藤田ニコルさんのCMで話題の脱毛ラボが作った家庭用脱毛器。

ケノンと脱毛ラボどっちがいい?
という悩みを解決するため、ケノンと脱毛ラボを比較しました。
ただ脱毛ラボには脱毛ラボホームエディションと最新機種の脱毛ラボプロエディションの2つの機種があります。
今回はケノンと脱毛ラボを徹底的に比較するため
  • 家庭用脱毛器ケノン
  • 脱毛ラボホームエディション
  • 脱毛ラボプロエディション

3つの家庭用脱毛器でどっちがいいのか検証しました。

家庭用脱毛器ケノンと脱毛ラボホームエディションどっちがいい?

家庭用脱毛器ケノンと脱毛ラボの家庭用脱毛器を比較してどっちがいいか、おすすめのタイプをまず教えます。

  • プレゼントでもらうならパワー最大でコスパもいい脱毛ラボプロエディション
  • 安くて面倒くさくなくケアなら脱毛ラボホームエディション
  • 自分で購入するならケノン

ケノンと脱毛ラボの比較一覧

まずは家庭用脱毛器ケノンと脱毛ラボの比較を一覧でまとめました。

脱毛器ケノン脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛ラボ
プロエディション
タイプ据え置きハンディ据え置き
照射回数300万発30万発120万発
全身ケア約1,200回分約300回分約1,200回分
レベル調整10段階5段階5段階
カートリッジ××
VIO
冷却機能×
パワー非公開10ジュール11ジュール
価格68,200円71,478円99,900円
(キャンペーン価格)
コスパ0.0098円0.23円0.08円
カラー4色2色1色

脱毛ラボプロエディションは脱毛ラボホームエディションの後継機なので、価格は高くなりますが

  • コスパ
  • パワー
  • 回数

の3点では脱毛ラボプロエディションのほうがメリットが多いです。
プレゼントでもらうなら脱毛ラボプロエディションでしょう。
親やパートナー(恋人)におねだりするには、かなりおすすめです。
二人で使えば、コストも半分で済むことになります。

自分で購入するなら家庭用脱毛器ケノンがおすすめです。
1照射当たりのコストも一番安く、全身脱毛ケアできる回数も十分あります。
できるだけ安く一人で脱毛したい方にはメリットがあります。

脱毛ラボホームエディションは、安さも特徴的ですがコンパクトで冷却機能もメリットです。
ケノンでは照射前に保冷剤で冷やさないといけませんが、冷却機能が脱毛ラボの脱毛器には搭載されているので面倒なことがなくなります。
持ち運びもしやすいので、旅行先や出張先にも持っていくことが可能です。

ケノンと脱毛ラボの口コミを詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。
<<<脱毛ラボホームエディションで抜けない
<<<家庭用脱毛器ケノンの口コミ

ケノンと脱毛ラボのデメリットを比較

家庭用脱毛器を比較する際に、どうしてもメリットばかり気になってしまいます。
ですがデメリットも知らなければ購入した後に、がっかりしてしまいますね

ケノンのデメリット

家庭用脱毛器ケノンと脱毛ラボの家庭用脱毛器を比較してみると、ケノンのデメリットがわかります。

  • カートリッジ交換が必要
  • 冷却機能がない

ケノンは面倒なのが嫌いな方には向いていません。
カートリッジを毎回部位に合わせて交換をしないといけません。

  • 顔用にはスキンケアカートリッジ
  • VIOにはストロングカートリッジ
  • 広い範囲にはエクストララージカートリッジ

使うたびにカートリッジを交換するのはかなり面倒です。

またカートリッジには照射回数のリミットがあるので、使い切ったら新しいカートリッジを購入しなければいけません。
もちろんすぐに回数がなくなることはありませんが、カートリッジによってはすぐなくなってしまうものもあります。

さらにケノンには冷却機能がありません。
購入したときには保冷剤がついてきます。
その保冷剤で照射する前後に冷やさなければいけません。
保冷剤で冷やさないとやけどや痛みのトラブルになってしまいます。
使い方に慣れるまではかなり面倒です。

脱毛ラボホームエディションのデメリット

脱毛ラボホームエディションのデメリットは2つあります。

  • 全身ケア回数
  • コスパ

脱毛ラボホームエディションは照射回数が30万回とケノンや脱毛ラボプロエディションと比較するとかなり少ないです。
ケノンの照射回数の10分の1です。
ですがケノンの約300万回の照射回数はプレミアムカートリッジをレベル1で使用した場合です。
ケノンをレベル10で使用すると照射回数は50万回になります。
全身ケア回数はレベル10で使用時で換算しています。

脱毛ラボホームエディションの一番のデメリットはコスパです。

1回の照射コストが0.23円と一番高いです。

確かに照射コストは一番高いですが、全身ケア回数は約300回できるので十分な回数になります。
家族でシェアするには回数が少ないですね。

脱毛ラボプロエディションのデメリット

脱毛ラボプロエディションのデメリットは

価格です。
キャンペーン価格でも99,900円(税込)は確かに高いです。
据え置きタイプでもあるので、家族でシェアして使うのをおすすめします。
家庭用脱毛器は、家族で使われる方が非常に多いです。
親子や夫婦やカップルで一緒にムダ毛ケアすれば、一人当たりの料金が安く済むし楽しく脱毛できるメリットがあります。
全身1200回分だからシェアしても余裕です!
さらに脱毛サロンと同じくらいのレベルなので
サロンに通うよりは安く脱毛できますね。
スゴイ機能09 1発立ったの0.08円!

ケノンと脱毛ラボの効果を比較

ケノンと脱毛ラボは効果ならどっちがいい?

ケノンと脱毛ラボホームエディション・脱毛ラボプロエディションの効果を比較しました。

脱毛器ケノン脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛ラボ
プロエディション
VIO
パワー非公開10ジュール11ジュール

家庭用脱毛器の効果は

  • 出力パワー
  • 脱毛できる部位

によって違ってきます。

ケノンと脱毛ラボの大きな違いはパワーです。

脱毛ラボは、出力パワーをきちんと測定してジュール数で表示しています。
脱毛ラボプロエディションは、最大11ジュールとサロンと同等のレベルです。

サロン級パワーを120万発照射! 全身脱毛約1200回分

脱毛ラボホームエディションも負けてはいません。
最大10ジュールのハイパワーです。

ですがケノンはジュール数を公開していません。
確かに口コミでは脱毛効果がスゴイと評判ですが、ジュール数で比較しないと効果の違いをハッキリすることはできません。

VIO・男性のヒゲならどっちがいいか?

脱毛効果の違いがよくわかる部位として

  • VIO
  • ヒゲ(メンズ)

2つの部位があります。

どちらも剛毛で毛が太く密集している部位です。
特に男性の青髭であれば脱毛効果が強いほうが良いに決まっています。

VIO・ヒゲ脱毛なら

ケノンと脱毛ラボプロエディションがおすすめです。
ケノンはカートリッジ交換をする家庭用脱毛器なので、VIOやヒゲのような剛毛でも効果があるカートリッジがあります。
パワーもケノンの中で最大なので、実際に効果が出ています。
同時購入 ストロング
脱毛ラボプロエディションは
VIO/髭に使えるハンドピースがあります。
照射面積が狭いことで、デコボコした部位で確実に照射できるので効果が十分あります。
別売りハンドピース2 デリケートゾーンのムダ毛ケア用ハンドピース

ケノンと脱毛ラボの使いやすさを比較

女性におすすめは脱毛ラボホームエディション

家庭用脱毛器は自宅でケアしないといけないので、手軽さはとっても重要なポイントです。

ケノンと脱毛ラボを比較すると、手軽なのは

脱毛ラボホームエディションです。
脱毛器ケノン脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛ラボ
プロエディション
重量約120g約277g約220g
コードなし

重量で比較するとケノンが一番軽いです。
ケノンと脱毛ラボプロエディションは本体からコードが伸びている据え置きタイプです。
コードがあると重量がいくら軽くても絡まったりして面倒です。
脱毛ラボホームエディションはハンディタイプなので、重量は少し重いですが使い勝手が良いのが特徴です。
さらにボタン2つですべての設定ができるのが、とってもわかりやすいです。

買ってよかったの声

連射機能で使いやすさを比較

家庭用脱毛器は連射機能があるととっても使いやすいです。
一気に広い範囲を照射できるので時間がかかりません。

ケノンと脱毛ラボを連射機能で比較すると

ケノンと脱毛ラボプロエディションがおすすめです。
脱毛器ケノン脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛ラボ
プロエディション
重量3連射・6連射あり
(1発/1秒)
6連射

脱毛ラボホームエディションにも連射モードはありますが、連射の速さでは負けてしまいます。
それでも1秒に1発照射できるので使いにくいわけではないです。

ケノンと脱毛ラボの価格・キャンペーンを比較

ケノンと脱毛ラボの価格ならどっちがいい

ケノンと脱毛ラボの家庭用脱毛器を価格でならどっちがいいか比較しました。

価格だけを比較するならケノンが安くておすすめです。
脱毛器ケノン脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛ラボ
プロエディション
全身ケア約1,200回分約300回分約1,200回分
価格68,200円71,478円99,900円
(キャンペーン価格)
コスパ0.0098円0.23円0.08円

もちろんコスパもケノンが一番良いです。

ケノンと脱毛ラボのキャンペーンならどっちがいい

本体価格では、ケノンが一番安くてコスパも最高によかったです。
ですがキャンペーンや付属品なども含めて比較しないとどっちが価格がいいのかを判断できません。
キャンペーンはその都度変更があるので、現時点での内容にしています。

キャンペーンを利用して現時点で一番価格が安くなるのは

脱毛ラボホームエディションです。
脱毛器ケノン脱毛ラボ
ホームエディション
脱毛ラボ
プロエディション
キャンペーン特典ラージカートリッジ
(8,800円相当)
カートリッジ割引
サングラス
専用ポーチ
保冷剤
アイブロースティック
スクラブ
BBUVジェル
トートバッグ
(13,295円相当)
最大1,000ポイント
ファイブシェイプ
ミニポーチ
(10,978円相当)
価格68,200円71,478円99,900円
(キャンペーン価格)
キャッシュレス決済特典なし5,000円OFF9,999円OFF
キャンペーン換算約59,400円約52,183円約78,923円

キャンペーン特典は、値段がハッキリ分からないのは仕方ありません。
概算にはなりますが、キャンペーンを利用した後の価格を参考にしてください。
*キャンペーン内容は変更があります。

ケノンの申し込みはこちら<<<脱毛器ケノンを申し込む

ケノン新型

脱毛ラボプロエディションの申し込みはこちら<<<「Datsumo Labo Pro Edition(プロエディション)」を申し込む

脱毛ラボホームエディションの申し込みはこちら<<<「Datsumo Labo Home Edition」を申し込む

 

ケノンと脱毛ラボの安全性を比較

ケノンと脱毛ラボの家庭用脱毛器の安全性を比較しました。

安全性が証明されているのは脱毛ラボです。
もちろんケノンが安全でないということではありません。
証拠があるかどうかです。
脱毛ラボは臨床試験を実施しているんです。
臨床試験実施済みです!
臨床試験のデータを出されたら、安全性が確認されたことに誰も文句を言えません。
かゆみや赤みなどについて医師が判定しているからです。
ケノンには臨床試験のデータがないだけです。
正しい使い方をすればケノンも安心して使うことができます。

ケノンと脱毛ラボを比較のまとめ

まとめ

今回は家庭用脱毛器で一番人気のケノンと、脱毛ラボが開発した家庭用脱毛器2機種を比較しました。
ではケノンと脱毛ラボを

  1. メリット・デメリット
  2. 効果
  3. 価格
  4. 使いやすさ
  5. 安全性

5つの指標でどっちがいいか比べました。

  • プレゼントでもらうならパワー最大でコスパもいい脱毛ラボプロエディション
  • 安くて面倒くさくなくケアなら脱毛ラボホームエディション
  • 自分で購入するならケノン

という結論になりました。

ケノンも脱毛ラボもそれぞれの項目にメリット・デメリットがあります。
またケノンと脱毛ラボのどっちがいいかな?と迷っている方にも、それぞれの好みや都合があります。

あなたの脱毛スタイルに合わせて、良い家庭用脱毛器を選んでください。

脱毛器の選び方で悩んだらこちらを参考にしてください。
<<関連記事 家庭用脱毛器の効果

脱毛器の人気ランキングはこちらをクリック!