脱毛ラボホームエディションはほくろとシミがあっても使えるのか?

脱毛ラボホームエディションを購入して脱毛したいけど、ほくろやシミには使えないってよく聞きます。
ほくろに使っちゃうとやけどするからダメとか、シミに当てると痛いとか・・・。
でもほくろやシミなんて全身どこにでもあります。
これでは脱毛ラボホームエディションを購入しても脱毛できない!ってことになりますね。

でもほくろやシミがあってもやり方次第では使えるんです。

さらにシミなんて薄くなっちゃいます。

今回は脱毛ラボホームエディションをほくろやシミがあっても使えるということについて詳しく解説します。

脱毛ラボホームエディションを申し込む<<<脱毛ラボ考案!業務用パワーを実現「Datsumo Labo Home Edition」

脱毛ラボホームエディションでほくろは使えない

ほくろには使えない

脱毛ラボホームエディションは

ほくろには使えません。
ほくろがあるのに気づかず光を当ててしまうと
  • 痛みがでる
  • ヤケドする

などの肌トラブルの原因になります。

ほくろやシミに使えないのは脱毛方式に理由があった

脱毛ラボホームエディションをほくろやシミには使えないのは

光脱毛の仕組みに理由があります。
脱毛ラボホームエディションはIPL方式の光脱毛器です。
光脱毛器は脱毛器から照射された光が、毛のメラニン色素に反応して毛根を焼いているのと同じ状態です。
ほくろやシミはメラニン色素からできています。
特にほくろでは、メラニン色素を多く含んだ細胞が増殖しています。
ほくろのメラニン色素に脱毛器の光が熱に代わり、激しく反応してしまいます。
だから痛みを感じたり、火傷してしまったりするんです。
シミの場合は、ほくろと比べてメラニン色素が少ないです。
通常であれば、シミが皮膚の奥でできても、皮膚のターンオーバーで肌から剥がれ落ちてくれます。
ですがシミは
  • 紫外線に長く当たる
  • 外からの刺激
  • ホルモンバランスの乱れ

などの要因によって、ターンオーバーが乱れてしまいシミが増えて濃くなっていきます。

シミが皮膚にたまっている状態で脱毛器の光を照射すれば、ほくろほどではありませんが痛みや火傷という肌トラブルになってしまいます

冷却機能があってもほくろはNG

脱毛ラボホームエディションには冷却機能があります。
一般的な家庭用脱毛器では、照射前後に冷却しなければいけませんが、脱毛ラボホームエディションでは5℃まで冷やしてくれるので必要ありません。

冷却機能があればほくろやシミでも大丈夫なんじゃない?
という考えをしてしまいがちです。
冷却機能があってもほくろはNGです。

業務量パワー冷却機能

脱毛ラボホームエディションの冷却機能は痛みや火傷を防止するためにあるので、ほくろのためには設定されていません。
いくら5度まで冷やしてくれるからといっても、メラニン色素が集中している黒いほくろには効果がありません。

ほくろから生えている毛の脱毛はできる?

ほくろの中には、ほくろの周囲ではなくほくろ自体に毛が生えていることがあります。
脱毛ラボホームエディションをほくろに照射してはいけないということは、

ほくろに生えている毛の脱毛はできないでしょうか?
ほくろに生えている毛の脱毛はできません。
ほくろに生えている毛の脱毛は、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでもほとんどできません。
IPL方式やレーザーの脱毛器を使っているのであればダメです。
特にレーザー脱毛は光脱毛(IPL脱毛)と比較して、集中的に皮膚の奥まで届くのでほくろに照射してはダメです。
まだ間違ってほくろに照射してしまうなら、光脱毛器のほうがましです。

引用元:レーザー脱毛と光脱毛の違い(グランモア四日市店)

では、ほくろに生えている毛の脱毛はというと・・・

ニードル脱毛です。
ニードル脱毛は、毛穴に特殊なハリを入れて電流を流すことで毛根を破壊する脱毛方法です。
唯一永久脱毛と認められたのがニードル脱毛です。
脱毛方法の図引用元:永久脱毛はどうやってするの?(社団法人日本スキン・エステティック協会)
ニードル脱毛であればほくろに生えた毛でも脱毛はできます。
でもデメリットがあります。
  • 痛みが強い
  • 時間がかなりかかる
  • 費用が高額

よほど悩んでいないとやりませんね。

脱毛ラボホームエディションはほくろはダメでもシミには効果あり

ほくろはダメでもシミには効果あり

脱毛ラボホームエディションはほくろに使ってはNGでした。
ほくろもシミも同じメラニン色素なので、シミにも当ててはいけないのでしょうか?

脱毛ラボホームエディションでシミが薄くなります。
光脱毛器から照射される光には、薄いシミを消してくれる効果があります。
弱い光を肌の浅いところに当てることで、おもに角層のターンオーバーを活発にして、表面のくすみを早く追い出す。
「光治療」や、マシーン名である「フォトフェイシャル」などと呼ばれることも多いぞ。
現在の人気は、日本人向けに開発された「ライムライト」などの施術。
シミを取るというよりは、くすみ消しに効果的だが、薄いシミやできたてのシミなら取れる可能性もあるぞ。
仕事帰りにサクッとやれて、多少は痛いけれど、すぐにメークして帰れるので、とにかく気軽なのがメリット。
脱毛ラボホームエディションの公式サイトではシミに効果があることは公表していません。
ですが、多くの家庭用脱毛器でシミが取れたという口コミがあります。
もちろん公表していないだけで、同じ光脱毛器の脱毛ラボホームエディションでもシミは薄くなります。
脱毛ラボホームエディションの後継機種である脱毛ラボプロエディションで初めて、
  • 肌のキメ
  • 肌のハリ
  • 毛穴の引き締め

という効果を公表しました。

4つのイチオシポイント
脱毛ラボでシミが気になったらこちらを参考にしてください。
<<<セルフサロン開業レベルを目指した光美容器「Datsumo Labo Pro Edition(プロエディション)」

脱毛ラボホームエディションのほくろがある場所の使い方

ではここからは、ほくろがある場所でも脱毛ラボホームエディションを使って脱毛ができる方法について詳しく紹介します。

ほくろには保護シール

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでもやっている方法です。

ほくろには保護シールを貼ってください。
保護シールを貼ることで、ほくろの黒い色が隠れることで脱毛器の光を当てることができます。
【公式オンラインストア】脱毛用ほくろ保護シール【特許取得済】
脱毛時にホクロやシミを保護するシールで、脱毛専用に開発した製品です。
皮膚に優しい医療用テープを使用しており、大手エステサロン様や大手クリニック様で採用されています。
もちろん脱毛専用の保護シールでなくても問題ありません。
100均で購入できるシールでも大丈夫です。
シールの色も白じゃなくても肌色でもOK。

ほくろを隠す簡単な代用品

  • 保護シールを貼るのも面倒くさい
  • お金をかけたくない
  • シールの代用品はないのか?

そんな方には、もっと簡単にほくろを隠す代用品があります。
ほくろを隠す3つの簡単な代用品は、

  1. 修正液を塗る
  2. コンシーラーで隠す
  3. 絆創膏を貼る

コンシーラーは女性なら持っている方が多いのでおすすめです。
男性は修正液か絆創膏が良いでしょう。

とにかくほくろを白く隠せれば脱毛器は使えます。

レベルを下げてほくろに照射

上手にほくろ・シミを隠せたとしても、保護シールでなければ痛みを感じることがあります。
また薄い色のほくろやシミであれば、脱毛サロンでもシールを貼ることはしません。
そんなときには

脱毛器のレベルをワンランク下げましょう。
脱毛器の効果は照射レベルに左右されます。
照射レベルが強ければ脱毛効果も出やすくなります。
ですがほくろやシミには、効果が出すぎて逆効果になってしまうのでレベルの調整が必要です。
色の薄いほくろやシミは、レベルを下げることで肌トラブル対策になります。

脱毛ラボホームエディションを申し込む<<<脱毛ラボ考案!業務用パワーを実現「Datsumo Labo Home Edition」

脱毛ラボホームエディションでほくろが大きくなる・シミが増える?!

脱毛ラボホームエディションを使っていると

  • ほくろが大きくなった
  • シミが増えた

という体験者の声をよく聞きます。

脱毛器の光や熱で増殖してしまったんじゃないか?!とかなり焦ります。

シミ・くすみが薄くなったから目立ってきただけです。
光フェイシャルのメカニズムのイメージ画像
シミはメラニン色素からできています。
皮膚の奥から次第に表面に向かってターンオーバーしていきます。
私たちが見ているシミは肌の表面にあるもので、皮膚の奥にはできたばかりのシミがたくさんあるんです。
これが「くすみ」の原因です。
脱毛器の光を照射すると、シミのメラニン色素に反応してターンオーバーではがれやすくなります。
くすみが次第に取れてくることで、ほくろやシミが逆に目立ってしまうのが原因です。
脱毛器の光や熱にほくろを大きくしたり、シミを増やしたりする効果はないので安心してください。
ただし、正しい使い方をしていればという条件です。
  • 重ね打ちを繰り返す
  • レベルを上げすぎる
  • 冷却しない

間違った使い方をすれば、皮膚に炎症が起こり逆効果になります。

ほくろがあっても脱毛できる脱毛ラボ

ほくろの悩みならSSC脱毛

ほくろが多くて脱毛できない!!

そんな方には脱毛ラボホームエディションを開発した脱毛サロン

「脱毛ラボ」がおすすめです。

脱毛ラボは、SSC方式(Smooth Skin Control「スムーススキンコントロール」)の脱毛方法で施術してくれます。
SSC脱毛のメリットは3つあります。

  • 肌に優しい
  • 脱毛間隔が短い
  • 美肌効果がある

引用元:ミュゼプラチナム

SSC方式は、抑毛効果のあるジェルを塗ってから光を照射するため、光のレベルを弱めても効果が出ます。
もちろん、ほくろを照射するときには保護シールを貼ってくれますが、色素の薄いほくろやシミであれば施術してくれる際に判断してくれるので安心です。

SSC方式の脱毛サロンで人気なのがこの2件です。

  • 脱毛ラボ
  • ミュゼプラチナム

脱毛ラボがキャンペーンしています<<<【脱毛ラボ】キャンペーン!!

ミュゼなら両ワキ+Vラインが104円です。<<<ミュゼでつるスベ肌に

ほくろがあるなら脱毛ラボホームエディションと脱毛ラボどっち?

  • ほくろが多くて心配なら脱毛サロン「脱毛ラボ」
  • 1人で脱毛なら脱毛ラボホームエディション
  • 家族で脱毛なら脱毛ラボプロエディション
脱毛ラボホームエディションは、
  • 脱毛サロンよりかなり安い
  • 自宅でできる
  • スキンケアでも長く使える

というメリットがあります。

特に気になるのが脱毛料金です。
脱毛ラボの全身脱毛54か所回数パックの料金をまとめました。

回数料金(税込)
3回71,520円
6回175,980円
12回269,980円
18回406,980円

脱毛ラボは初めての方に割引キャンペーンをしているので、もっと安く脱毛ができます。
確かに脱毛サロンのほうが効果もあるし、楽なんですがね。

脱毛ラボホームエディションなら

71,478円(税込)で全身脱毛300回できます。
脱毛ラボ最新機種の脱毛ラボプロエディションなら、
99,990円(税込)で全身脱毛1,200回できます。

脱毛サロンに通う手間もなく、好きなタイミングでムダ毛ケアできるのでメリットありますね。

脱毛ラボホームエディションを申し込む<<<脱毛ラボ考案!業務用パワーを実現「Datsumo Labo Home Edition」

脱毛ラボホームエディションでほくろのまとめ

まとめ

脱毛ラボホームエディションはほくろ・シミに絶対使ってはいけないわけではありません。

  • ほくろを隠せば使える
  • 薄いシミならシミ消しになる
  • ほくろが多いならSSC脱毛の脱毛ラボ

ほくろやシミがあるからって、心配しすぎなくてもOKです。

もちろんほくろに直接照射してはいけません。

ほくろに直接光を照射することで

  • 痛み
  • やけど

肌トラブルの原因になってしまいます。

ほくろに関しては、保護シールなどで隠してしまえばトラブルなく使うことができます。
シミも本来は隠さなければいけません。
ですが家庭用脱毛器の光の効果を活用することで、シミが薄くなるんです。
脱毛ラボホームエディションの後継機種である脱毛ラボプロエディションでは

  • 肌のハリ
  • 肌のくすみ
  • 毛穴の引き締め

シミが消えるだけでなく美肌効果も期待できます。

全身脱毛は100回もやりません。
全身脱毛のケアが終わったら、ツルツル美肌になるために家庭用脱毛器を使うことができます。
脱毛サロンよりは安いけど、結構高い買い物です。
せっかく買ったんなら、脱毛だけでなく美肌になっちゃいましょう。

脱毛器の選び方で悩んだらこちらを参考にしてください。
<<< 家庭用脱毛器の効果

脱毛器の人気ランキングはこちらをクリック!

脱毛ラボホームエディションについて詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください。
<<<脱毛ラボホームエディションでVIO 脱毛ラボホームエディションで抜けない