家庭用脱毛器は体に悪いのか?永久脱毛できない光脱毛の体への影響

家庭用脱毛器の光って体に悪いのか?って脱毛を始める前には心配になりますね。

 

光脱毛や永久脱毛に使うレーザーは、

  • 体への影響は何があるのか?
  • 癌などのリスクはあるのか?
  • 副作用はあるのか?

 

脱毛が初めての方であれば、知っておきたいことです。

実際にレーザー脱毛をして悪い影響が出たという方もいて、国民生活センターへ報告もされています。

 

今回は光脱毛とレーザー脱毛が体に悪いのかを詳しく説明しましすね。

 

 

 

私は家庭用脱毛器を選んで脱毛しました。

レーザーで永久脱毛したほうがいいはずなのに、なぜ私が家庭用脱毛器を選んだのかも紹介します。

 

 

 

 

家庭用脱毛器は体に悪い?永久脱毛は危険なの?

家庭用脱毛器は体に悪いわけではない

家庭用脱毛器は体に悪いのではという心配はしなくても大丈夫です。

使い方を間違ったりしなければ、体へ悪い影響はないと分かっています。

 

 

ではなぜ家庭用脱毛器が体に悪いという意見が出たのでしょうか?

 

 

医療レーザー脱毛とエステの光脱毛の安全性に問題があり、実際にトラブルが起きているからです。

 

2012年度以降の約5年間に、脱毛施術により危害を受けたという相談が964件寄せられています。件数は2013年度以降減少傾向にありましたが、昨年度は前年度同時期に比べて増加傾向がみられました。危害事例の内訳をみると、エステティックサロン(以下、「エステ」とします。)で受けた脱毛によるものが680件、医療機関で受けた脱毛によるものが284件でした。

引用元:独立行政法人国民生活センター なくならない脱毛施術による危害 

 

 

医療レーザー脱毛とエステ光脱毛でどのようなトラブルが起きたのか、過去5年間の事例をまとめました。

 

医療レーザー脱毛エステ光脱毛
痛み、腫れ、炎症、発疹等119件344件
火傷134件269件

 

トラブルの中には、皮膚科にも受診しないといけないほど体に悪い影響がでた方もいました。

 

 

家庭用脱毛器の大半はエステと同じ光脱毛です。エステでも痛みや火傷などの報告があるので、家庭用脱毛器も全く同じで体に悪いと思われても仕方がないですね。

 

 

 

 

妊娠中・授乳中・生理中は危険

  • 妊娠中
  • 授乳中
  • 生理中

 

3つのどれかに当てはまる女性にとって、家庭用脱毛器は危険な場合があります。

 

どの家庭用脱毛器でも、妊娠中・授乳中・生理中は使わないようにと説明されています。

 

 

なぜかというと妊娠中・授乳中・生理中はホルモンバランスが大きく変化しているので、

 

  • 痛みを感じやすくなる
  • 肌荒れしやすくなる
  • 効果が出にくくなる

 

リスクを感じやすい状態です。

 

だから妊娠中・授乳中・生理中であれば、レーザーや光を使った脱毛はしないでくださいね。

 

 

 

VIO脱毛は体に悪いのか

家庭用脱毛器を使う時に、VIO脱毛で気を付けないといけない事があります。

粘膜が危険です!

 

Vラインは粘膜が無いので大丈夫ですが、IラインとOラインには粘膜があるので気を付けて使わないといけませんよ。

 

粘膜に光やレーザーを当ててしまうと、痛みだけでなく火傷をしやすいんです。

粘膜は火傷をしてしまうと治りも遅いので皮膚科に受診しなければいけなくなります。

 

 

VIO脱毛は粘膜さえ気を付けていれば、体にとって悪いことはありません。メリットの方が多いです。

 

  • 下着や水着選びに困らなくなる
  • かゆみやニオイが改善する
  • 黒ずみがなくなっていく

 

VIO脱毛は体に悪いのではなく、衛生面でも体にいいんです。

 

 

 

 

永久脱毛じゃないけど家庭用脱毛器を買ってみた

私が選んだリスクが少ない家庭用脱毛器はケノンです。
  • 純日本製
  • 日本の有名メーカーのフィルターを使っている
  • 10段階でパワーをコントロールできる
  • タッチセンサーもついている

 

 

静電式タッチセンサー搭載

誤照射を防止する為、ハンドピースの照射口の周りには肌に触れると反応するセンサーを搭載。
センサーが肌を検知しない限り、ショットボタンを押しても光は出ません。
また、センサーが肌に触れる部分に金属を使用して無い為、金属アレルギーの方でも安全に利用が可能です。

引用元:エムテック株式会社

 

 

ケノンは毎回保冷剤で冷やさないといけないのが面倒ですが、冷やしていれば痛みなどのリスクを確実に減らすことが出来ました。

 

 

パワーもサロン級ですし、今日はいつもより痛いなと思えば、レベルを微調整することが出きました。

 

 

効果が出るのも速く、6か月使用したらかなりキレイに脱毛できましたよ。

 

ケノンを6か月使ったワキの画像

家庭用脱毛器は体に悪いのか?ケノンを使った画像

 

ケノンを6か月使った脚の画像

家庭用脱毛器は体に悪いのか?ケノンを使った画像

 

ケノンを6か月使った顔の画像

家庭用脱毛器は体に悪いのか?ケノンを使った画像

 

家庭用脱毛器は正しい使い方をすれば、安全に自宅で脱毛をすることが出来ました。

 

 

痛みなんて他人には分かりません

脱毛を決まったコースの回数で終わらせようとすると、効果を上げるためにパワーを上げるしか方法はありません。

だから肌トラブルが起きてしまいます。

 

自宅で自分で肌の状態を見ながら、調子が悪ければお休みすることも出来るのが家庭用脱毛器のメリットです。

身体への悪い影響もなく、毛穴も目立たない誰に見られても恥ずかしくないツルスベの肌を、たった6か月で実現できました。

 

やっぱり日本製のケノンは安心感が抜群でしたよ。

 

家庭用脱毛器ケノンを実際使ってみた体験レポはこちら>>>ケノンの体験レビュー

 

家庭用脱毛器は体に悪くありません。

即日発送なのですぐ脱毛スタートできますよ。

 

家庭用脱毛器の体への影響・副作用

 

汗の量が増える影響

家庭用脱毛器で脱毛の効果がでて、ワキがツルツルになると汗の量が増えたように感じることがあります。

 

脱毛したからといって、汗の量は増えないので安心してください。

 

 

家庭用脱毛器を使っているときに、少し汗が増えたように感じるのは、強い光を浴びて体温が上がったからです。

脱毛後に汗の量が増えたように感じるのは、毛がなくなったことで毛穴から汗が流れ落ちやすくなったからです。

 

 

汗が増えると「腋臭(ワキガ)になるんじゃない?」と心配になる方もいます。

 

でも脱毛をするとワキだけでなく、体が臭くなくなるんです。

 

  • 毛がないことで雑菌が増えにくくなる
  • 常に毛穴を清潔にできる

 

脱毛をすることって、メリット多いんですよ。

 

 

体に悪い副作用もある

家庭用脱毛器を使うことで、副作用が出ることがあります。

 

出やすい副作用5つをまとめました。

 

  • 毛穴の周りが赤くなって痛みを感じる毛嚢炎
  • 生えてくる毛が固くなる硬毛化
  • 毛の量が増える増毛化
  • 赤くなったりヒリヒリしたりする炎症
  • やけど

 

 

 

家庭用脱毛器で体に悪い副作用がでるのは体質を除いて理由が5つあります。

 

  • いきなりレベルを高くして当ててしまった
  • 痛くても我慢して使った
  • 決められた週の回数を守らなかった
  • 冷やさなかった
  • 保湿をしなかった

 

もちろん正しく使っていても肌が弱くて副作用が出やすい方もいます。

ですが家庭用脱毛器で副作用が出てしまった方の多くが、早く脱毛を終わらせたいという気持ちや、脱毛するのが面倒だという理由で間違った使い方をしてしまい副作用が出ているケースが多いです。

 

特に最近では冷却機能が付いている家庭用脱毛器だと、「冷やさなくてもいい」と書いてあるので冷やしませんよね。

 

熱さや痛みを感じたら必ず冷やしてください。

冷やした後に保湿剤を十分塗るのを忘れないでください。

 

 

家庭用脱毛器は医療レーザーや脱毛サロンの脱毛器と比べると、強くありません。しっかり副作用対策をすれば、トラブルなく安全に脱毛が完了しますよ。

 

 

 

 

家庭用脱毛器で皮膚ガンになるリスクはあるのか

光脱毛のリスクに皮膚がんはあるのか?

家庭用脱毛器でとっても気になるのが、皮膚がんになるんじゃないか?という不安です。

 

強い日差しにずっと当たっていると皮膚がんになりやすくなるって言いますもんね!

 

でも安心してください。

光脱毛で癌になるリスクはありません。

 

 

 

光脱毛やレーザーで皮膚がんになるかどうかはすでに研究で明らかになっています。
脱毛器の光やレーザーだけでなく、脱毛中にやけどになっても、皮膚ガンにはなりません。
皮膚がんは細胞のDNAが壊れることでなりやすくなります。
特に細胞のDNAを壊しやすいのは紫外線です。(だから日焼けをあまりしないようにって言われるんですね)
光脱毛の光を紫外線と比較しても、細胞のDNAが同じくらい壊れることはなかったそうです。
それに脱毛でやけどをしても、それが皮膚がんになっていくこともないと分かりました。

実際にSorg博士らにより調べられたデータではIPL治療後にDNAがどの程度損傷させるかの実験を行なったが、コントロール群、紫外線照射群と比較してもDNAの損傷が優位に多いとはいえなかったと言うことがわかりました。

レーザー脱毛で最も問題となり、癌とも関係がありそうなのが火傷です。
火傷のあとは皮膚ガンになりやすいと言う通説があります。
しかし現在では火傷の後に皮膚ガンになりやすいと言う説は否定されております。
そのため、レーザー脱毛中に火傷になったとしてもそれが皮膚ガンのリスクを上げると言うことにはなりません。

上記よりレーザー脱毛が皮膚ガンを誘発するものではないと言うことを結論づけることが可能です。

引用元:レーザー脱毛と皮膚がんの関係(はなふさ皮膚科)

 

 

 

 

 

光脱毛の光に発がん性はあるのか?

家庭用脱毛器のやけどでは皮膚がんにはならないことは分かったけど、光脱毛の光に発がん性があるんじゃない?と思ったら不安になりますね。

でも安心してください。
光脱毛の光に発がん性はありません。
光脱毛の光が体に悪い影響もないし、脱毛器のフィルターで有害なものは全部取り除かれてます。
光脱毛の発がん性に関しても研究で明らかになっています。

すべてのレーザー治療器、IPL治療器はイオンを発生させない(フリーラジカルを発生させない)照射方法が選択されており、すなわち、DNAを間接的に傷つけることがないようになっています。

また400nm以下の波長の光線が含まれていれば、DNAを直接的に損傷させうるのですが、レーザー療器やIPL治療器で400nm以下の波長を含むものは存在せず、全てフィルターで取り除かれています。

引用元:レーザー脱毛と皮膚がんの関係(はなふさ皮膚科)

 

 

 

 

光脱毛でほくろは癌になるのか

よくほくろが癌になるって聞いたことありませんか?

家庭用脱毛器やレーザー脱毛は、ほくろには使ってはいけないのは、誰でも知っていることです。

 

 

もしかしてほくろに使ってはいけないのは、癌になるから?!

 

そんなことはありません。

ほくろに間違えて光やレーザーを当ててしまっても、がんにはなりませんよ。

 

 

ただかなり痛いですけど・・・。

 

 

 

 

脱毛するならレーザーで永久脱毛したほうがいいか

家庭用脱毛器は永久脱毛できない

家庭用脱毛器は永久脱毛はできません。

必ず生えてきます。

 

ですが、使い始めは2週間に1回のムダ毛ケアをしないといけませんが、効果が出てくる半年後くらいには1か月に1回で済むようになります。

 

 

永久脱毛ができるのは医療レーザーだけです。

 

医療レーザーは光脱毛と比べて、毛根自体を壊してくれるので永久脱毛することが出来ます。

光脱毛の場合には、浅く広く光を当てているので、効果が出るのにも時間がかかるし永久脱毛もできません。

家庭用脱毛器は体に悪いか?レーザーと比較した画像

 

 

永久脱毛を絶対にしたいのであれば、家庭用脱毛器ではなく医療脱毛を選んでくださいね。

 

 

体への影響を考えれば家庭用脱毛器

体への影響を考えれば、私は家庭用脱毛器をおすすめしています。

 

  • 医療脱毛やサロンではトラブルが実際に起こっている
  • 最新の家庭用脱毛器であれば体への悪い影響がないように作られている
  • 痛みなどを自分でコントロールできる

 

 

医療脱毛や脱毛サロンは、結局は誰かに施術をしてもらわなければいけません。

発がん性もないのは分かっていますが、痛みや火傷などは脱毛器のパワーが強いほどリスクが上がります。

 

痛みって自分しかわかりませんよね。

熱さも自分しか分かりませんよね。

 

 

やっぱり時間はかかっても、効果がある家庭用脱毛器でセルフ脱毛するほうが安心です。

 

 

純日本製だから安心!

月々3,000円~分割払いができます。

 

家庭用脱毛器ケノンを実際使ってみた体験レポはこちら>>>ケノンの体験レビュー

 

永久脱毛できないのに家庭用脱毛器は体に悪いのか?のまとめ

まとめ

家庭用脱毛器は使い方さえ間違えなければ、体に悪いなんてことはありません

 

ただレーザー脱毛に関しては、痛みや火傷などの肌トラブルがあることが分かっています。

 

脱毛するなら不安なままはやりくないです。

私も医療レーザーにするか、脱毛サロンにするか悩みました。家庭用脱毛器よりは効果があるって口コミでも評判だったからです。

 

でも他人に任せて痛みを我慢したりしながら脱毛はやりたくなかったのが正直なところです。

 

  • 時間はかかってしまった
  • 効果が出るのも半年はかかった
  • 2週間に1回はしないといけなかった

 

やっぱり家庭用脱毛器にはデメリットもありましたが、安心できる家庭用脱毛器ケノンを使ったので想像していたよりも効果が早く出ましたし、肌トラブルもありませんでした。

 

 

家庭用脱毛器の光は発がん性もないので、皮膚ガンにはなりません。

光を肌に当ててなれるのは、鏡で見てもびっくりするくらいキレイな肌だけです。

 

 

VIO脱毛もそうですが、脱毛をするとキレイな肌になれるだけじゃなくて、衛生面でもとってもいいことです。

 

  • ニキビができやすい
  • 乾燥しやすい
  • VIOのニオイやかぶれが気になる

 

 

毛が抜けるだけで、毛穴の中がキレイになって長年悩んでいた肌トラブルもなくなってきました。

もちろん電動シェーバーで剃ったりしなくなったので、毛穴の開きも治ってきました。

 

 

体への影響がないのであれば、安心して脱毛を始めれますね。

 

 

家庭用脱毛器の効果が本当か知りたい方はこちら>>>家庭用脱毛器は効果あるのか

 

 

ケノンは男性の剛毛対応

\ケノンを使って半年後/

 

ケノンを選んで本当によかったです。

今では服選びも困らないし、毛穴のブツブツもありません。

 

 

ケノンで脱毛して肌を見せることに不安がなくなったせいか、

 

男性とすれ違う時に視線を感じるようになりました。

私を見てるってわかるんです。

 

 

そしてついにその時が来ました。

 

私好みのイケメンとすれ違ったあとに、声をかけられました。

 

声を掛けられることなんて、何年ぶり?!

それもイケメンからなんて、一生ないと思ってたのに・・・!!(;^ω^)

 

 

ケノンで脱毛して、ついに人生がいい方向に向かってきました。

 

 

ケノンは翌日には自宅に届いて、すぐに脱毛をスタートできます。
どうせ1年後に始めるなら、明日から始めたほうが1年分多くキレイでいれますよ。

 

ケノンの体験レビューはこちら
▼    ▼    ▼

1台で脱毛と美顔もできる家庭用脱毛器ケノン!!